必見!オススメ育毛剤6選

top > 育毛剤の情報 > 自分の頭皮環境にあった育毛剤を使うこと

自分の頭皮環境にあった育毛剤を使うこと

 抜け毛を防ぐには規則正しい生活習慣や良質な睡眠はもちろんのこと、正しい頭皮ケアを心がけることが大切です。
育毛剤は手軽に手に入り、それなりに高い効果がある頭皮用の化粧品です。
育毛剤は、手軽に気になる抜け毛や薄毛を改善したいときに役立ちます。
育毛剤には、頭皮にうるおいを与えたり、皮脂量をコントロールし、血行を良くして元気な髪の毛が育ちやすい環境にする成分が含まれています。
薄毛になりたくないなら、髪の毛がしっかり生える頭皮環境を作ることが大切です。
フケが多い、かゆみや赤みがある、ベタベタするという状態が続くなら、それは頭皮環境が悪い証拠です。
それを放置すると抜け毛が増えて薄毛になります。
そんなときに育毛剤で頭皮に栄養を与えれば、頭皮環境が良い状態に改善します。

 毎日しっかり育毛剤を塗って頭皮ケアをしているけど、ぜんぜん抜け毛が減らない、あまり効果がないという人も中にはいます。
そういう場合は、育毛剤選びが間違っている可能性があります。
抜け毛をなくすには、自分にとって最適な成分を配合している育毛剤を使うことが大切です。
もともと肌や身体が脂っぽい体質の人は頭皮もベタベタしがちです。
特に肥満体型の人や脂っこい食べ物が好きで毎日食べている人は皮脂分泌量が多い傾向があります。
そういう脂っこい頭皮に潤いを与える成分を沢山配合した育毛剤を塗布すると、ますますベタベタしてしまうので注意が必要です。
皮脂が過剰な人には、皮脂分泌量を抑制する成分を多く含む育毛剤がおすすめです。
男性ホルモンは皮脂を沢山生み出すので、一般的に男性は皮脂が多いです。
男性向けの育毛剤に皮脂抑制成分が沢山配合されているのはそのためです。

 逆に肌内部の水分量が少なく、環境に関係なくすぐに乾燥しやすいのが乾燥肌です。
乾燥肌は皮脂活動が正常ではなく、皮脂バリアが少ない状態です。
もともと皮脂が少ない人には、皮脂バリアを破壊しない、頭皮に優しい成分を配合したタイプの育毛剤が効果的です。
保湿成分の配合率が高い育毛剤を頭皮に塗布すれば、乾燥が改善してモイスチャーバランスが改善します。
間違っても皮脂分泌を抑える成分を多く含んでいるタイプの育毛剤を使用しないことです。
そうすると皮脂バリアが破壊されてますます薄くなり、紫外線によるダメージで抜け毛が増えるリスクがあります。
一般的に女性は皮脂腺が男性よりも少なく、肌や頭皮がかさかさに乾燥しがちです。
そのため、女性向けの育毛剤には頭皮に優しい成分を中心に、保湿効果が高い成分が多く配合されています。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る