必見!オススメ育毛剤6選

top > 育毛剤の情報 > 育毛剤で予防できる男性型脱毛症

育毛剤で予防できる男性型脱毛症

 男性がなりやすい男性型脱毛症には、「M字型」や「O字型」などのタイプがあります。
額の生え際が後退しておでこが広くなるのが、M字型の男性型脱毛症です。
額の生え際には、5αリダクターゼがあり、男性ホルモンと結合して脱毛ホルモンを生み出します。
そのため、脱毛ホルモンが生まれると生え際だけ抜け毛が増えておでこが広くなっていくのです。
つむじを中心とした頭のてっぺんの抜け毛・薄毛が、O字型の男性型脱毛症です。
頭頂部にも5αリダクターゼがあり、男性ホルモンが脱毛ホルモンに変わることで薄毛になりやすくなります。
M字型もO字型も典型的な男性型脱毛症で、基本的には5αリダクターゼが原因です。
そこで、男性型脱毛症を予防するには、5αリダクターゼの活性化を抑える必要があります。

 多くの男性用の育毛剤には5αリダクターゼを抑制する効果があります。
オウゴンエキスやノコギリヤシエキスなどは、男性向け育毛剤によく使われていている自然由来の植物成分です。
シソ科の多年草であるオウゴンエキスは、古くから漢方にも用いられています。
5αリダクターゼを予防するので、男性用育毛剤には欠かせない成分の一つです。
また、抗炎症作用や抗アレルギー作用、抗酸化作用などもあり、頭皮をいつまでも若々しい状態に保つ働きをします。
さらに保湿力も高いので、頭皮の水分保持力を上げて乾燥を予防する働きもします。
ノコギリヤシも薄毛予防に高い効果があることで知られています。
その強力な作用から、ヨーロッパの多くの国では医師の処方せんなしでは買えない医薬品に指定されているほどです。
男性ホルモンや前立腺に作用するので、ノコギリヤシを配合したサプリメントには男性型脱毛症予防のほか、夜間頻尿や多尿を予防する効果もあります。

 5αリダクターゼが脱毛ホルモンに変化するのを予防してくれる医薬品が、フィナステリドを有効成分としたプロペシアです。
プロペシアもM字型やO字型の薄毛を予防または緩和するのに大変大きな効果があります。
基本的にプロペシアは「飲む育毛剤」と言われている内服薬で、AGA外来や皮膚科などの一部医療機関で処方しています。
しかし、中にはプロペシアを配合した男性用の育毛剤もあります。
短期間でしっかり効果を得たいなら、プロペシア配合の育毛剤と内服薬を一緒に使用するのがおすすめです。
そうすれば外側と内側両方から脱毛ホルモンの発生を予防できます。
プロペシアは医薬品なので安全に使用するには医師の処方箋が必要ですが、ごく低い濃度の育毛剤であればドラッグストアやネットショップでも購入できます。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る