必見!オススメ育毛剤6選

top > 育毛剤の情報 > ミノキシジル入り育毛剤で血行促進

ミノキシジル入り育毛剤で血行促進

 抜け毛予防には頭皮の血行改善が有効です。
指先で頭皮を掴んで動かしてみてあまり動かないようなら血行があまりよくない可能性があります。
血行が良い状態なら、揉んだときに頭皮が動きやすく、柔らかくなっているはずです。
血行不良で頭皮が硬いと薄毛になりやすいので、早めに改善することをおすすめします。
血行改善には「育毛剤の使用+頭皮マッサージ」が効果的です。
ほとんどの育毛剤には、頭皮の血行をスムーズにする有効成分が配合されています。
「ミノキシジル」は代表的な血行促進成分です。
血圧降下剤として使用されている成分で、縮まった血管を広げる効果があります。
ミノキシジル配合の育毛剤を頭皮に塗りながらマッサージをすると、有効成分が毛穴の通り道から浸透し、硬い頭皮が柔らかくなります。

 ミノキシジルは抜け毛を減らし、薄毛にならない頭皮環境に持っていく効果がある、大変効果がある成分です。
効果が高いと評判のいい育毛剤のほとんどに、ミノキシジルが配合されています。
30年以上前に発毛成分として開発され、以来世界中の薄毛に悩む人たちを救済してきました。
頭皮にミノキシジルを塗ると、毛細血管が膨張して血液が隅々まで行き渡るようになります。
その結果、髪の毛の根っこにある毛母細胞に酸素や栄養が届きやすくなり、しっかりとしたコシのある髪の毛に成分します。
ただし、ミノキシジルには強力な発毛効果がありますが、その反面、血圧や循環器系に影響が出るリスクがあります。
外見的にはかぶれや湿疹などです。
また、心拍数の上昇、頭痛や吐き気などの変化が現れる場合もあります。
そうなったら一旦使用を中止して様子を見ることが大切です。
配合率が高いほどリスクが高まるので、最初はミノキシジルが1%~5%ほど配合されている育毛剤を使用して副作用がないかどうか確かめてみるのがおススメです。

 ミノキシジルはホルモンに作用する成分ではないので、女性が使用しても問題ない育毛剤の成分です。
ただし、多毛症になることがあるので、最初はなるべく低い濃度の育毛剤から使い始めることが大切です。
ちょっと不安な人には、ミノキシジルとまったく同じ分子構造をした、ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)という成分もあります。
ミノキシジルは医薬品ですが、ピディオキシジルは医薬品ではないので市販の育毛剤や発毛シャンプーなどにも配合されています。
ミノキシジルを使うのに抵抗がある人でも、ピディオキシジルなら副作用がないので安心してチャレンジできます。
また、最終的に洗い流す発毛シャンプーなら頭皮にダイレクトに塗るよりも深層部まで浸透する確率が低いので、体への負担が少なくなります。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る